フランスへの海外旅行に帯同 | 添乗看護師(ツアーナース)の求人募集

フランスへの海外旅行に帯同 | 添乗看護師(ツアーナース)の求人募集

フランスへ修学旅行に行く事はあまり無いので、添乗看護師としてフランスに行く場合には、一般的な海外旅行のツアーなどで同行する事が多くなっています。しかし、フランスに行くツアー自体がそれ程多く設けられていないので、もしフランスに行く為に添乗看護師を希望して就職するのであれば、万が一見つからなかった場合の事を考えておく必要もあるでしょう。

 

また、添乗看護師になったからといって、必ずフランスに行けるわけではありませんが、求人情報にフランスへ海外旅行や修学旅行で同行などと書いてあれば、当然いける可能性もあると言えます。

 

フランスで有名な観光地と言えば、建造物を見たいのであればエッフェル塔や凱旋門などがよく知られている有名建造物ですが、美術品などの興味がある場合には、世界的にも有名なルーブル美術館などに行ってみると良いでしょう。また、買い物を楽しみたいという人や、ブランド品を購入したいという人にはシャンゼリゼ大通りなどで買い物を楽しむ事をお勧めしますが、基本的にヨーロッパでは日本人は金持ちというイメージがあるので、フランス語がわからないと、高値を吹っ掛けられる可能性もあるので注意しましょう。

 

フランスは日本と同じような気候なので、それほど気温差などによって体調を崩すという事は少ないのですが、若干日本よりも寒くて乾燥している傾向にあります。その為、添乗看護師はしっかりとうがいや手洗いといった基本的な事を行うように観光客へ呼びかけるべきです。

 

フランスを含むヨーロッパは、日本の裏側にあたる地域なので、日数もかなり掛かってしまう事が多くなっているだけでなく、時差によって体調を崩してしまうという人や、精神的に参ってしまうような人もいないとは限りません。よって遠い国に行くほど体調管理に注意しておかなければ、添乗看護師の仕事は務まらないでしょう。ツアーなどでは最低でも5日以上の場合が多くなっているので、添乗看護師自身も体調管理はしっかりと行わなくてはいけません。