ドイツへの海外旅行に帯同 | 添乗看護師(ツアーナース)の求人募集

ドイツへの海外旅行に帯同 | 添乗看護師(ツアーナース)の求人探し予備知識

ドイツは昔西ドイツと東ドイツに分裂していましたが、1990年に東西が統合し、現在のドイツとなりました。首都はベルリンの壁があったベルリンで、公用語は当然ドイツ語です。しかし、多少英語やフランス語でも通用するので、ツアーナースとして同行するなら英語だけでも問題はないでしょう。

 

ドイツでは買い物や食事、街並みを楽しむようなツアーが多くなっているのですが、やはり日本からは距離があるということで、5泊や6泊が普通になっています。よって比較的長期間勤務したいと考えている看護師であれば、ドイツへ海外旅行に行くツアーナースの求人に応募してもよいでしょう。

 

特にミュンヘンやフランクフルトは人気の街となっていて、比較的多くツアーが組まれている場合もあります。ドイツはいろいろな国から観光に来る人がいる人気のツアーであることから、ツアーナースの求人が多くなっている傾向にあります。いろいろな地域を回るツアーが組まれているので、よく調べてから応募するようにしましょう。

ドイツのツアーナース求人の特徴

ドイツはヨーロッパの中でも北に位置している国なので、当然寒い国となっています。寒い国というのは夏に多くツアーが組まれる傾向にあるのですが、比較的ドイツは冬であってもツアーが多く組まれているという特徴があります。よって夏休みの時期が最適なのはいうまでもありませんが、冬であっても十分ツアーナースの求人が出ている可能性はあります。しかもドイツは人気の海外旅行先となっているので、早めに応募しておきましょう。

 

季節によって多少ツアーナースの求人数が変わってくるのは当然なのですが、他の国に比べて求人数の増減が少なく、年内を通じて比較的多くの求人が出ているのがドイツへの海外旅行なのです。ツアーナースもツアー参加者と一緒にいろいろな場所を回ることができるので、行先によって応募するかどうかを決めるという人も実際にはたくさんいます。