韓国への海外旅行に帯同 | 添乗看護師(ツアーナース)の求人募集

韓国への海外旅行に帯同 | 添乗看護師(ツアーナース)の求人募集

色々な国へ行く事がある添乗看護師の求人には、国の指定がしてある求人を見かける事もあるのですが、中には特に行く国を指定してない求人もよく出ているので、面接の時にしっかりとわからない事や、不安な事は聞いておくようにしましょう。また、添乗看護師の求人募集数も比較的少なくなっていますが、通常はツアーよりも修学旅行に同行するような場合が多くなっている傾向にあります。

 

そんな添乗看護師が修学旅行についていく国で、最も多くなっているのが韓国ではないでしょうか。韓国は日本からとても近いので、国内旅行と同じような日数で行き来ができる事や、日本全国どこの空港からも行けるようになってしまったので、修学旅行には韓国へ行くというパターンも以前よりだいぶ増えているでしょう。そうすれば当然同行する添乗看護師の求人も増えてくるのですが、実際はそれ程多くの募集はありません。

 

韓国で有名な観光地と言えば、南大門市場や東大門市場で買い物をする事や、済州島で自然を満喫する観光コースがよく知られているのですが、寺院などを見て回る観光地もよく知られています。

 

しかし、韓国は日本人を常に敵視している傾向にあり、反日暴動などを起こす国なので、単独の行動は危険です。修学旅行であっても、普通の海外旅行であっても、できる限り多くの人と一緒に行動する事で安全を確保するようにしなければいけません。また、冬は比較的寒くなっているので、体調を崩してしまう場合もある為、添乗看護師の仕事がより重要性を増してくると言えるでしょう。

 

寒ければその分病気になりやすいのはどこの国でも言える事ですが、そんな時にしっかりと対応できてこその添乗看護師なので、修学旅行生の体調には十分注意し、もし体調が悪そうな生徒を見つけたら、積極的に声を掛けて体調を確かめるような配慮も必要になってきます。宿泊する時には十分戸締りを注意すると共に、暖かい恰好で冷えないように対策をしてから就寝するという管理方法も必要になってくるでしょう。